DHTの生成を抑制するためのお薬

DHTの生成を抑制するためのお薬

男性器の働きが弱くなると男性ホルモンは多く分泌されているのです。上記のことを踏まえると、頻尿や残尿の症状が現れ出させたら、薄毛になるシグナルとみてもいかもしれないね。

このDHTが貯まると前立腺内が肥大し、尿道が圧迫されまして、頻尿、残尿という排尿障害に陥るというわけです。実際にプロペシアは、前立腺肥大の治療を受けられてる人から「髪が太くなった」「髪が増えた」などの報告が相次ぎ、薄毛治療として本格的に研究が進められた。

前立腺肥大の治療が、イコール薄毛の治療になるわけです。DHTを抑制する有効成分は「フィナステリド」という成分で、前立腺肥大の治療としましては、フィナステリド5mgを要します。

男性ホルモンを多く分泌させられると、5留リダクターゼという酵素と結合する確率が高まり、DHT(ジヒドロテストステロン)を生成します。前立腺肥大の治療薬がなんで育毛に効果があるでしょうか?が気になるんですよね。

DHTは前立腺肥大を引き起こすだけでではなく、抜け毛も引き起こします。さて、このDHT(ジヒドロテストステロン)ですが聞きまやったことないか?育毛に詳密方ならピンとくるかも。

プロペシアは、DHTの生成を抑制やるめのお薬です。しかしていながら、薄毛治療では1mgで十分なことから、薄毛治療専用にプロペシアが誕生したわけです。

付け加えると、5mgの前立腺肥大治療薬はプロスカーという名称で今でも病院などで処方されます。


ホーム RSS購読 サイトマップ