男性型脱毛症どう対処する?

男性型脱毛症どう対処する?

男性は男性的な体の維持や精力の保持、あるいは闘争本能といいました生物学的な体や精神の維持の為に「テストステロン」という物質を体内で生み出しているのです。ある意味5留リダクターゼに作用してDHTの生産を強力に阻害します。

症状なので対策は簡単ではないです。AGAは頭皮の毛穴の問題でではなく、人体の内分泌系にまつわる。

DHTは毛根内の受容体に侵入すると毛母細胞に脱毛指令を発するため、その毛根は細胞分裂を止め、次第に委縮しやがて毛根としましての使命を終えてしまうのです。医薬品ではありませんから当然その作用はマイルドですけど、規定量以内での服用であるそしたら基礎的に副作用の心配もなく、またわかりやすく手に入るので病院で本格治療を受ける前に試す方が大量です。

これに着目して開発されましたのがフィナステリドという有効成分を使ったプロペシアです。中には「薄毛の原因は男性ホルモンだから=テストステロンが悪者」と今でも感じている人もいます。

これと似た効果を持つのが自然素材のノコギリヤシです。DHTが無ければ脱毛指令は発せられなくなったので毛根が守られるわけです。

男性の薄毛の多くは男性型脱毛症、AGAが原因で起こるものでしょう。問題は体内にある酵素の一種「5留リダクターゼ」という物質と結びつくことで悪玉の「ジヒドロテストステロン(以下:DHT)」という物質に変わることです5留リダクターゼは良くないことに人間の頭皮に多く存在し、それでDHTを生み出していますのです。

この名前は聞きまやったことがある人もいると思う。しかし実際はテストステロンは何も非行さをしていない。


ホーム RSS購読 サイトマップ