抜け毛の原因はみんな違う

抜け毛の原因はみんな違う

そうして、5留リダクターゼが多く存在する場所が、頭皮と前立腺なんです。男性ホルモンはどんなふうにいうにしまして、抜け毛を引き起こしてしまうでしょうのだろうか?代表的な男性ホルモンのテストロステロンは抜け毛などは引き起こしていない。

遺伝的素因の原因となる遺伝子は見つかっていませんが、抜け毛に男性ホルモンがかかわってることは確かだから、男性ホルモンに関係する遺伝子が影響していますのではないと思われています。それを継続するだけで、発毛周期を休止期へと追いやります。

老化により、頭皮に弾力がなくなりましましたり、動脈硬化で毛包が破壊されましたりします。加齢も原因のひとつです。

過剰に発生した、ジヒドロテストステロンは、毛母細胞に髪の毛の成長を抑制する信号を出し、髪の成長を妨げます。加齢による男性ホルモンの変化も原因のひとつと思われているのです。

また、新たな髪の発育を抑制し、やがて髪は生えなくなるのです。抜け毛を引き起こしたりするのは、テストステロンから変わる男性ホルモンのひとつである、ジヒドロテストステロンなんです。

抜け毛の原因は人により多種多様です。5留リダクターゼが多く存在する頭皮と前立腺で、ジヒドロテストステロンが過剰に発生し、前立腺肥大症や抜け毛を引き起こすのです。

代表的な原因としましては、遺伝的素因(体質)と、生活環境(睡眠不足、喫煙など)、ストレスなどが考えられます。ジヒドロテストステロンは、テストステロンが5留リダクターゼによりまして変わって発生します。


ホーム RSS購読 サイトマップ